任意売却とは

不動産を競売にかけずに売却いたします。|金融機関などへの支払いが滞り、強制執行により資産を失う可能性がある場合はセゾンファンデックスにご相談ください。事業再建のお手伝いをいたします。

  • 「任意売却」とは、不動産を売却しても債務が残ってしまう状況において、債務者(お金を借りた側)と債権者(お金を貸した側)の間に専門家が入って調整を行い、不動産を競売にかけずに納得の行く価格で売却し取引を成立させることです。
    通常は残ってしまう債務の返済を、売却と同時にしなければならず、不足分を手持ちから出さないと売ることができませんが、「任意売却」であれば分割返済が可能になる場合があります。
  • 債務の支払いを滞納してしまうと、債権者が回収のため換金のしやすい資産から差し押さえに入り、金額の大きい担保不動産の競売を申し立てを行います。債権者は裁判所を通じて強制的に土地や事務所・店舗などの担保不動産を売り、その売却代金から債権を回収する“競売手続き”を行います。 競売だと周囲に知られたり、強制退去を命じられることになり、事業継続が難しい状況に追い込まれます。お客様の意思とは関係なく売りに出されるため融通は利きません。
    「任意売却」ならば専門家の交渉次第で、無理なく返済計画を立てたり、事業再建を前向きな気持ちで進めることができます。

まずはお気軽にご相談ください。0120-155-465 まずはお気軽にご相談ください。0120-155-465

競売との比較

  • 「任意売却」とは、競売になる前に債権者と話し合い、不動産を市場価格に近い条件で売却する方法です。競売は一般的に、市場価格よりも数割程度売却価格が安くなってしまうことが多く、「任意売却」より多くローンが残ってしまいます。

【任意売却の場合の売却価格】市場価格に近い価格|【任意売却の場合の残債】大幅に減る|【任意売却の場合の持ち出し費用】特になし|【任意売却の場合の明け渡し】要望を聞いてもらえる可能性が高い|【任意売却の場合のプライバシー】周囲に知られる可能性は低い|【任意売却の場合の残った債務の返済】交渉により分割返済可能|【任意売却の場合の事業再建計画】立てられる|【任意売却の場合の同じ場所で事業を続けること】リースバックを利用すれば可能

任意売却の流れ

競売にならないよう早めにご相談ください|1.お問合せ・ご相談|2.媒介契約の締結|3.不動産の査定|4.債権者へ連絡し任意売却の手続きを行う旨、了承を得る|5.不動産販売活動|6.買主と商談成立|7.債権者と売却代金の配分調整を行い、支払いに必要な代金を捻出する|8.買主と売買契約締結|9.引越し|10.代金の清算・抵当権の抹消など

まずはお気軽にご相談ください。0120-155-465 まずはお気軽にご相談ください。0120-155-465