任意売却とは

不動産を競売にかけずに、納得のいく価格で売却いたします。住宅ローンが残っていてもあきらめずにセゾンファンデックスのご相談ください。新しい生活をスタートさせるお手伝いをいたします。

  • 「任意売却」とは、不動産を売却しても住宅ローンを全額銀行に返済できず、住宅ローンが残ってしまう状況において、債務者(お金を借りた側)と債権者(お金を貸した側)の間に専門家が入って調整を行い、不動産を競売にかけずに納得の行く価格で売却し取引を成立させることです。
    通常は残ってしまうローンの返済を、売却と同時にしなければならず、不足分を手持ちから出さないと売ることができませんが、「任意売却」であれば分割返済が可能になる場合があります。
  • 住宅ローンや不動産を担保にして借入れをしている場合、滞納してしまうと、通常は債権者が担保不動産の競売を申し立ててしまうことになります。債権者は裁判所を通じて強制的に土地や住まいなどの不動産を売り、その売却代金から残った住宅ローン債権を回収する“競売手続き”を行います。 競売だと近所に知られたり、強制退去を命じられたり、残ったローンを抱えて家を追い出されることになります。お客様の意思とは関係なく売りに出され、全く融通は利きません。
    「任意売却」ならば専門家の交渉次第で、無理なく返済計画を立てたり、新しい生活を前向きな気持ちで始めることができます。

まずはご相談ください。 まずはご相談ください。

任意売却と競売の違い

  • 「任意売却」とは、競売になる前に債権者と話し合い、物件を市場価格に近い条件で売却する方法です。競売は一般的に、市場価格よりも数割程度売却価格が安くなってしまうことが多く、「任意売却」より多くローンが残ってしまいます。

任意売却と競売の違い

まずはご相談ください。 まずはご相談ください。