メニュー

総量規制について

お借入れは年収などの3分の1まで

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収などの3分の1までに制限される仕組みを言います。全ての貸金業者からの借入れの合計が、年収などの3分の1以内であることが必要です。

  • ※ただし、一部除外または例外となる借入れもあります。
  • ※新たな貸付けにより借入残高が年収などの3分の1を超える場合は、原則として返済能力を超えるものとして貸付けが制限されます。

年収の3分の1を超えても借りられるケースとは

総量規制の「適用除外」貸付け

総量規制にかかわらず借入れが可能で、借入額が借入残高に算入されないため、その後の借入れには影響を与えません。

総量規制の「例外」貸付け

下記のような場合には、例外的に年収などの3分の1を超える借入れが可能ですが、借入額が借入残高に算入されますので、借入残高が総量規制の基準を超過した場合、その後、「除外貸付け」や「例外貸付け」を除いて借入れができなくなります。

各種取組み・ご案内の一覧はこちら

TOPへ戻る