メニュー

不動産売却つなぎローンとは

不動産売却つなぎローンとは

不動産売却つなぎローンとは、売却予定の不動産を担保に、売却完了までの間に必要な資金を借入れ、物件の売却代金によって返済するローンです。
資金が必要になるタイミングに不動産が売却できない場合、資金が必要になるタイミングと不動産の売却によって資金が手に入るタイミングの間に融資するのが不動産売却つなぎローンです。
売却予定の不動産を担保に、個人の方であれば住み替え資金や引越し費用、相続時の代償金支払いなど、事業者の方であれば運転資金、納税資金、廃業時の債務清算など、さまざまな目的にご利用いただけます。
売却前に必要な資金を調達できるため、売却予定不動産を安値で売り急ぐ必要がありません。資金調達を急ぐあまり慌てて所有不動産を売却してしまうと、希望価格を下回る金額で売却せざるを得ず損をしてしまう場合や、条件面で譲歩して不満の残る取引になってしまう場合があります。不動産売却つなぎローンは、こうした不動産売却時のリスクを避けることができます。

不動産売却前提ローンとは|不動産売却前に資金調達できる・売却までの返済は利息のみ・売却期間を確保できる

不動産売却つなぎローンと不動産担保ローンの違い

金融機関が提供する不動産担保ローンも、不動産を担保に資金を調達することができますが、一般的な不動産担保ローンと不動産売却つなぎローンが異なる点は融資期間と毎月の返済金額です。
不動産担保ローンの融資期間は長期で、短期間で繰上げ返済をする場合には解約手数料が発生するケースがあります。不動産売却つなぎローンの融資期間は短期で、繰上げ返済をする場合でも解約手数料が発生しません。不動産売却が前提の場合はつなぎ融資を活用することが一般的です。
また、毎月の返済は、一般的な不動産担保ローンが元利均等返済方式であるのに対し、不動産売却つなぎローンは元金一括返済方式で毎月の返済は利息のみとなります。不動産売却つなぎローンの方が、毎月の返済金額が少なく負担がかからないというメリットがあります。

不動産売却つなぎローンのメリット

不動産の売却前に資金調達できる

売却を待たずに必要資金を借入れることで、急いで売却しなければお金が足りないという事態を回避できます。

売却期間を確保できる

売却予定不動産を安値で売り急ぐ必要がありません。余裕を持ったスケジュールで納得のいくまで不動産売却に取り組めます。

売却までの返済は利息のみ

元金は不動産売却完了後、一括でお支払いとなります。

セゾンファンデックス不動産(個人)
売却前提ローンの詳細はこちら

セゾンファンデックス不動産(事業)
売却前提ローンの詳細はこちら

不動産売却つなぎローンのデメリット

つなぎ融資を取り扱っている金融機関が少ない

不動産売却つなぎ融資の取扱いがある金融機関は数が少なく、条件を比較して借入れ先を選ぶことができないと言えます。

融資期間内に売却できないケースもある

通常の不動産担保ローンと異なり、融資期間が短いため、融資期間内に売却が終わらないというケースが発生する場合もあります。不動産を担保にする以上、抵当権が設定されており、売却できない場合は強制的に抵当権が実行される可能性もあります。

必ずしも希望額で売れるとは限らない

売却期間を確保しても、不動産が高く売れるわけではありません。返済日が到来した場合には、元金を返済するために希望価格でなくても不動産を売る必要があります。

セゾンファンデックス不動産(個人)
売却前提ローンの詳細はこちら

セゾンファンデックス不動産(事業)
売却前提ローンの詳細はこちら

不動産売却つなぎローンでお悩みを解決できます

  • 不動産を売り急ぎたくない
    「まとまったお金がすぐに必要だが、不動産はできるだけ高く売りたい」
  • 欲しい物件を買い逃したくない
    「気に入った物件を逃さず購入したい」
    という方に。売却を待たず物件を押さえることができます。
  • 住み替えで仮住まいを探したり引っ越したりするのは面倒!
    「仮住まいの費用を節約したい」
    「何回も荷物の整理をするのが面倒」
  • 住み替えたいがダブルローンは避けたい
    「気に入った物件を購入したいが月々のローン返済を二重にしたくない」
  • 事業借入れの返済期日が迫っている
    「不動産売却費用を債務の返済に充てる予定だが、希望額での売却ができない」

セゾンファンデックス不動産(個人)
売却前提ローンの詳細はこちら

セゾンファンデックス不動産(事業)
売却前提ローンの詳細はこちら

不動産売却つなぎローンは住み替え時におすすめ

  • 欲しい物件の買い逃しを
    防ぐことができる

    資金ができてからでは、買い逃す可能性が高くなりますが、不動産売却つなぎローンを利用すれば、先に資金が確保ができるため、欲しい物件はすぐに押さえることができます。

  • 売却期間を確保できる

    売却予定不動産を安値で売り急ぐ必要がありません。余裕を持ったスケジュールで納得のいくまで不動産売却に取り組めます。

  • 仮住まいの費用を節約できる

    不動産売却つなぎローンを利用すれば、新居を不動産売却前に購入できるため、仮住まいを準備する必要がありません。

セゾンファンデックス不動産(個人)
売却前提ローンの詳細はこちら

セゾンファンデックス不動産(事業)
売却前提ローンの詳細はこちら

不動産売却つなぎローンのよくある質問

  • Q 不動産売却つなぎローンの融資まで何日かかりますか?

    A

    セゾンファンデックスの不動産売却つなぎローンは、正式なお申込みをしていただいてから、最短1週間でご融資可能です。

  • Q 不動産が売却ができなかった場合はどうなりますか?

    A

    返済期間の延長はできません。返済期間は最長2年で、最終返済期日に元金を一括返済していただきます。

  • Q 住宅ローンが残っていますが大丈夫ですか?

    A

    住宅ローンが残っているケースでのご融資実績は多数あります。現在の借入残高と担保物件の評価額をもとに総合的に審査させていただきます。

セゾンファンデックス不動産(個人)
売却前提ローンの詳細はこちら

セゾンファンデックス不動産(事業)
売却前提ローンの詳細はこちら

お電話でのお問合せ

目次

WEBでのお申込み