メニュー

借地権付き建物を担保に事業資金を借入れた事例さまざまな不動産

業種
理美容業(個人事業主)
担保不動産
店舗兼ご自宅(借地権付き建物)
担保借入先
なし
申込み時お支払い状況
なし
融資金額
300万円
資金使途
借地権更新料及び承諾料支払い

お客さまのお困りごと

  • 父親から相続した借地権付き建物は店舗兼自宅として使用中
  • 借地権の更新のタイミングで大規模なリフォームをしたが予算を大幅にオーバーし、地主に支払うリフォームの承諾料と借地権の更新料が不足
  • 地元の信用金庫からは、借地権付き建物を担保に融資はできないと断られた
  • 返済期間を長くすることで、月々の返済額を抑えた借入れをしたい

当社の不動産担保ローンで解決

  • セゾンファンデックス独自の担保評価により、借地権付き建物ではあったものの、リフォーム済みであるため担保評価が出て融資実行してもらえた
  • 地主に承諾してもらい、セゾンファンデックス基準の評価で建物に担保権を設定を承諾もらえた
  • 返済期間は借地権の残存期間内である20年に設定し、月々のご返済額を抑えることができた

そのほかの利用事例

事例一覧はこちら

事業者向け不動産担保ローンの
詳細はこちら

お電話でのお問合せ

TOPへ戻る

銀行などで対応が
難しい場合に