お金に関するお役立ち情報

住宅関連

不動産投資の融資をノンバンクで受けるメリット・デメリットとは?

不動産投資の融資を受けられるのは銀行だけではありません。ノンバンクで融資を受けるメリットとデメリットについて詳しく解説します。

目次
  1. ノンバンクとは?
  2. ノンバンクで融資を受けるメリット・デメリット
  3. ノンバンクはどう活用する?

ノンバンクとは?

そもそも「ノンバンク」とは何を指しているのでしょうか。ノンバンクの定義や銀行との違いを確認しておきましょう。

銀行は、顧客のお金を預かる預金業務、振込や手形発行を行う為替業務、資金を企業や個人に貸し付ける融資業務などさまざまな業務を行っています。一方のノンバンクは、銀行以外の金融機関のことで、銀行とは異なり融資業務だけに特化しているのが特徴です。
銀行とノンバンクでは、適用される法律も異なり、銀行や信用金庫・信用組合などは銀行法・信用金庫法など、ノンバンクは貸金業法という法律に則って業務を行っています。

両者の違いは、「総量規制」の対象になるかどうかという点にあります。総量規制とは、融資を受ける側の借りすぎを防止するために貸金業法で定められているルールで、個人の借入総額が原則年収などの3分の1までに制限されます。全ての貸金業者からの借入れの合計が、年収などの3分の1以内であることが必要です。
※ただし、一部除外または例外となる借入れもあります。
※新たな貸付けにより借入残高が年収などの3分の1を超える場合は、原則として返済能力を超えるものとして貸付けが制限されます。

銀行法においては、総量規制のルールは設けられていませんが、利用者の借りすぎを防ぐ取り組みは銀行も実施しています。

一般的に、銀行の方が知名度も高く、ノンバンクに比べて信用性が高いイメージもあります。しかし、ノンバンクも法律を遵守した堅実な運営が行われており、銀行より優れた一面も持っています。ノンバンクだからといって怪しい会社ではありませんので、利用するにあたって心配する必要はありません。

ノンバンクで融資を受けるメリット・デメリット

銀行ではなくノンバンクで融資を受けると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。主なメリット・デメリットについて見ていきましょう。

(1)メリット
●審査のスピードが早い
審査のスピードが早く、スピーディーに融資を受けられるのがノンバンクのメリットです。ノンバンクが独自に保有する信用情報の照会によって、審査を完了させることができます。
一方、銀行が融資を行う場合は外部の保証会社に審査を依頼し、融資の可否を判断しなくてはなりません。そのため、銀行の融資審査はノンバンクと比べて時間がかかる傾向があります。

●幅広い物件を担保にできる
銀行と比べて幅広い物件を担保にできるのも、ノンバンクのメリットです。たとえば、木造建築で耐用年数を超過している物件や再建築不可物件の場合、銀行では担保にできないケースが少なくありません。ノンバンクでは独自の基準にもとづいて担保評価を行うため、融資審査を柔軟に行えるのです。

●柔軟性の高い審査基準
ノンバンクは銀行よりも融資条件が低く設定されているため、銀行では融資を受けられなかった方でも融資が可能な場合があります。銀行で融資を受ける場合、年収や勤続年数のほか保険の加入可否、抵当権の順位などさまざまな融資条件をクリアしなくてはなりません。ノンバンクは独自の融資条件を設けているため、より柔軟な融資が可能です。

(2)デメリット
ノンバンクで融資を受けるデメリットとして挙げられるのが金利です。柔軟な対応が可能で利便性が高い反面、金利が高いのはノンバンクのデメリットといえるでしょう。
しかし、ノンバンクにもさまざまなメリットがあることもまた先述のとおりです。金利だけで判断するのではなく、さまざまな角度からメリットとデメリットを比較しつつ借入先の検討を進めていくことが大切です。

ノンバンクはどう活用する?

不動産投資の融資を受けるにあたり、どのようなケースでノンバンクが活用されているのでしょうか。銀行ではなくノンバンクが選ばれる二つのケースを紹介します。

(1)早急に資金が必要な場合
できる限り早く資金を調達したい場合、審査がスピーディーに行われるノンバンクが選ばれる傾向があります。不動産投資の場合、資金を準備できるかどうかが重要なポイントです。たとえよい物件を見つけたとしても、手元に資金がなければ購入に踏み切れません。

マイホームの購入であれば、住宅ローンのようにパッケージ化された商品を活用できます。一方、不動産投資にはこうした仕組みが存在せず個別対応となるため、資金が用意できるかどうかがカギを握るのです。

ノンバンクで資金をスピーディーに用意できれば、他の買い手が現れる前に目当ての物件を購入できます。早急に資金が必要なとき、ノンバンクは有効に活用できるのです。

(2)物件が金融機関の審査基準では取り扱えない場合
不動産投資の融資では、融資を受ける本人の年収や勤続年数といった属性以外に物件の収益性や担保価値も重視されます。家賃収入から返済額を捻出する以上、採算性が見込める物件でなくてはならないからです。

たとえば築古・狭小物件・借地権付き建物などは、物件の採算性や担保価値が問題視される場合があります。こうした物件では、投資目的での融資が困難と判断されることも少なくありません。

一方、ノンバンクでは独自の審査基準で物件の担保価値を判断するため、金融機関の審査基準では取り扱えない物件でも融資が可能なケースがあります。銀行で融資が難しいと予想される場合には、ノンバンクで融資を受けるのが得策です。

〇セゾンファンデックスの不動産投資ローンなら
投資用不動産の購入に活用できるノンバンクの融資として、セゾンファンデックスの不動産投資ローンがあります。セゾンファンデックスの不動産投資ローンの主な特徴は次の通りです。
スピード感のある審査
セゾンファンデックスの不動産投資ローンは仮審査の回答は最短即日、本審査は必要書類の提出から最短3営業日で回答が可能です。スピード感のある審査で、必要な資金を早期に調達できます。

銀行の融資条件に当てはまらない場合でも対応
築古物件や狭小物件、借地権付き建物など、銀行の融資条件に当てはまらない場合でも対応可能です。セゾンファンデックスでは独自の審査基準を設けていますので、不動産価値を査定した上で融資が可能なケースも少なくないのです。

担保は購入物件以外でも可能
すでに所有している投資用不動産や、親族が所有する不動産でも担保設定ができます。戸建て・マンションのいずれも共同担保として取扱いできますので、融資額を増やしたい方や自己資金が不足している方におすすめです。

永住権なしの外国人の方も対応可
銀行の多くが「永住権を持っていること」が融資の条件とされていますが、セゾンファンデックスでは永住権をお持ちでない外国人の方でも不動産投資ローンの対応が可能です。

今回解説してきた通り、不動産投資の融資をノンバンクで受けることで金融機関と比べて柔軟に対応してもらえるケースがあります。金融機関での審査基準に当てはまっておらず資金の借り入れが難しいと感じていた方は、ノンバンクによる融資を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

セゾンファンデックス|不動産投資ローン|最高5億円まで|最長25年|ワンルームから1棟まで|銀行などで対応が難しかった方もご相談ください。|詳しくはこちら
おすすめ
シニアの方

シニアの方

事業者の方

事業者の方

キーワード