リースバックとは

リースバックとは

リースバックとは、セール・アンド・リースバックとも称され、所有する不動産などの資産を売って、同時にそれを借りる金融取引の手法です。
取引の対象が自宅である場合、まとまった資金調達と引越しの手間を省けるメリットがあります。

セゾンのリースバックでは、お客様の大切なご自宅をセゾンファンデックスが直接買い取り、お客様はそのまま賃貸として安心して住み続けることができます。

リースバックの仕組み

自宅など所有不動産を売却いただき、直接買い主となる弊社(セゾンファンデックス)が売買代金を一括でお支払いします。
売却と同時に賃貸借契約を締結することにより、売却した自宅にそのまま住み続けることができるので、引越し等は不要で近所の目を気にする必要はありません。
その後、毎月の家賃をお支払いいただきます。

リースバックの仕組み リースバックの仕組み

セゾンのリースバックの
詳細はこちら

リースバックのメリット

売却でまとまった老後資金が手に入り、更にそのまま住み続けることが可能

長年住み慣れたご自宅に今まで同様に住み続けることができます。
マンションも対象となります。ご近所にも知られることなく、スムーズにお手続きが可能です。

固定資産税などの維持費が不要

所有者がセゾンファンデックスとなるため、固定資産税の支払いがなくなります。
また、マンションの場合は管理費・修繕積立金の支払いもなくなります。

引越し手続きなどは一切不要

新たに入居先を探す場合、引越しや入居の手続き・費用が必要ですが、リースバックであればそもそも転居が不要です。

リースバックのデメリット

自宅の名義が変わる

自宅の所有権がセゾンファンデックスに移るため、自宅の所有者が変わることになります。
このことは将来的にご自宅をお子さんに相続したいと思われていた方にとってはデメリットになります。
ただし、再度購入して買い戻すことも可能です。

家賃が発生する

リースバックは自宅を売却し住み続けることができますが、賃貸契約を結んでいるため、毎月の家賃を支払う必要があります。
家賃の金額や支払い期間は契約内容によって異なり、リースバック契約を結ぶ際には、自分に合った契約内容を選ぶことが重要です。
たとえば、家賃が高すぎる場合や、支払い期間が長すぎる場合は、将来的な負担が大きくなる可能性があります。

こんなお悩みの方にリースバックはおすすめ

老後資金の確保

  • 老後の生活費が足りない
  • 定年退職後、年金暮らしで生活が不安
  • リバースモーゲージでは条件が合わなかった
  • 急な病気で医療費がかさみ、生活費が足りない

ローンの返済

  • 住宅ローンを完済し、安心して老後を送りたい
  • 金融機関からの借入債務・返済の負担を減らしたい

相続資産の整理

  • 早めに相続対策をしておきたい
  • 一人暮らし(独り身)なので、早めに資産を整理したい
  • 子どもたちに平等に財産を残したい

家に住み続けたい

  • お金は必要だが、住み慣れた家から離れたくない
  • 子どもの学区変更による転校は避けたい
  • 離婚等の事情により自宅を売りたいが、近所の目が気になるので引っ越したくない

契約の流れ

1. お問合せ・査定依頼

まずは電話やWebなどで問合せしてみましょう。
前向きにリースバックを検討しているのであれば、買取価格や家賃の見積もりを出すための簡易査定を依頼することもおすすめです。簡易査定は無料ででき、見積りも数日以内に提示するリースバック会社も多くあります。

セゾンのリースバックでは、無料簡易査定はもちろん、買取金額と家賃を最短即日で回答いたします。経験豊富な担当者が専任で対応させていただきますので、疑問点や不安点などもお気軽にご相談ください。

2. 簡易査定

問合せ後査定を希望すると、物件の簡易査定が行われ、電話やメールなどで担当者から買取金額と家賃が提示されます。
簡易査定とは机上査定とも呼ばれ、実際の物件を見ず、住所や間取りなどの物件情報や地図情報などから算出される査定方法です。
そのため簡易査定の結果はあくまで目安で、実際の買取金額や家賃は現地調査後に決まります。

3. 現地調査

提示された簡易査定の結果にご納得いただけましたら、現地調査が行われます。
室内状況や周辺環境を確認して本査定が行われ、最終的な買取価格と家賃が提示されます。

4. 契約条件の提示

現地調査によって確定した買取価格や家賃のほか、契約期間などの契約条件が提示されます。
項目によっては、調整可能なものもあります。ご自身の要望を伝えてみるといいでしょう。

5. 契約

契約条件に納得し、合意したら契約に進みます。
このときに締結されるのは、不動産売買契約と賃貸借契約です。
もし、所有している不動産に住宅ローンが残っている場合は、抵当権が付いているので売却前に抵当権を外す必要がある点に注意しましょう。

6. 売買代金の受け取りと賃貸開始

リースバック契約が完了すると、不動産を売却した代金は一括で受け取ることができます。売買代金の使い道に制限はありません。
ただし、リースバック契約の完了と同時に賃貸が開始されるため、家賃支払いのお金は残しておく必要があります。

セゾンのリースバックでは、お問合せ後、最短即日でお見積りをご提示し、ご面談・現地調査を経て最短2週間でご契約が可能です。

後悔しないためのリースバック契約を行うときのポイント

ここ数年で、リースバックを取り扱う会社は急増しており、会社選びの難しさが増しています。なかには、強引な勧誘を受けたり、契約時の説明が不十分で後々トラブルに発展したりするケースもみられます。

リースバック契約を行う際、以下の点に注意して満足のいく取引をしましょう。

重要事項の確認

契約の種類(普通借家契約・定期借家契約など)、契約期間、敷金・礼金などの初期費用、再契約の条件など、契約締結前にしっかり確認することが重要です。

契約前は売買代金の金額にばかり目が行きがちです。どれくらいの期間住み続けたいのか、再契約(更新)の可否、家賃値上げの可能性など、将来を見据えて自分の要望を固め、不安点を解消するため、契約書の内容を確認しましょう。

信頼できる企業・担当者を選ぶ

リースバック会社は、大切な自宅の売却先でもありますが、貸主にもなる存在です。売買代金を受け取ったら取引が終わりというわけではなく、今後長年に渡って付き合っていく可能性もあります。
従って、安心して任せられる会社を選ぶことが大切です。

繰り返しになりますが、リースバックは長年に渡って利用することもあるサービスです。
少しでも不安に思うことがあれば、担当者へ聞いて疑問点を解消すべきです。
その際に大切なことは、担当者の経験と人柄です。
どんな疑問点にも回答し、丁寧に対応してくれる担当者にこそ、大切なご自宅の取引を任せられるのではないでしょうか。

セゾンファンデックスは、東証プライムに上場している、クレジットカードで有名な株式会社クレディセゾンのグループ会社です。
また、リースバックが広く知られる前の2016年よりサービス提供を行っているため、取り扱い実績も豊富です。
安定した企業基盤と豊富な取扱い実績を背景に、お客様の信頼にお応えいたします。

特典や優待サービスの有無

ホームセキュリティがついていたり、レジャー施設の割引が利用できたりするなど、契約者へ特典や優待を用意している会社もあります。
リースバック会社によって、その付帯サービスの内容はさまざまです。
ご自宅の売却後も、安心して過ごせるサービスを提供している会社を選ぶとよいでしょう。

リースバックと通常の不動産売却との違い

通常の不動産売却では、売却後はご自宅を手放し、新居の購入や賃貸に引越さなければなりません。
セゾンのリースバックでは、売却後も転居をせずに住み慣れたご自宅に住み続けることができます。
所有者がセゾンファンデックスとなり、賃貸で住むことで固定資産税などの維持費の負担がなくなります。将来的には再度購入をすることも可能です。

セゾンのリースバック|通常の不動産売却では売却後自宅を手放すことなりますが、リースバックなら売却後も自宅に住み続けることができます。

リースバックと一般的なリバースモーゲージの違い

リースバックとリバースモーゲージは、ご自宅に住みながら資金を調達できる点は同じですが、仕組みや特徴が全く違います。
ここでは、セゾンのリースバックと金融機関で一般的に扱われているリバースモーゲージの違いについてわかりやすく図説しています。
ご自身に合った最適な資金の調達方法をご検討ください。

セゾンのリースバック|一般的なリバースモーゲージは自宅を担保にして融資を受け、リースバックは自宅を売却して現金化するサービスです。

リースバックとリバースモーゲージの比較表

比較項目 セゾンのリースバック 一般的なリバースモーゲージ
仕組み セゾンのリースバック 自宅を売却し、売却代金を一括で受け取る。
売却と同時に賃貸借契約を締結し、毎月家賃を支払う。
一般的なリバースモーゲージ 不動産(自宅)を担保にし、融資枠内で融資を受ける。
現金受け取り方法 セゾンのリースバック 一括 一般的なリバースモーゲージ 融資枠内で、毎月一定額・一括・枠内で随時受け取りなど
転居 セゾンのリースバック 不要 一般的なリバースモーゲージ 不要
対象物件 セゾンのリースバック 一戸建て・マンション・事務所・店舗・工場など 一般的なリバースモーゲージ 一戸建て(マンションは不可の場合もある)
所有権(名義) セゾンのリースバック 買取会社(セゾンファンデックス) 一般的なリバースモーゲージ そのまま
資金使途 セゾンのリースバック 自由 一般的なリバースモーゲージ 制限あり(事業・投資資金は不可)
上限年齢 セゾンのリースバック 制限なし 一般的なリバースモーゲージ 制限あり
収入 セゾンのリースバック 制限なし 一般的なリバースモーゲージ 制限あり
固定資産税の納税義務 セゾンのリースバック なし 一般的なリバースモーゲージ あり
家族の同居 セゾンのリースバック 可能 一般的なリバースモーゲージ 原則配偶者のみ
住宅ローンの有無 セゾンのリースバック 抵当権等が設定されていても利用可
  • ※売買契約時抹消
一般的なリバースモーゲージ 抵当権等が設定されていると利用できない
担保の設定 セゾンのリースバック 不要 一般的なリバースモーゲージ 必要
契約終了後 セゾンのリースバック 再度購入可能 一般的なリバースモーゲージ 契約終了後(死亡後)に売却または相続人による一括返済
ポイント セゾンのリースバック
  • 売却して貸借に切り替える
  • 毎月、家賃を支払う
  • 適応条件に幅があり、活用しやすい
  • 住宅ローンが残っていても利用可
一般的なリバースモーゲージ
  • 最終的には売却になる場合が多い
  • 毎月、利息のみ返済
  • 条件(年齢・所得など)が厳しく、活用しにくい
  • ※条件・制限は金融機関により異なります。

リバースモーゲージ以外の不動産を活用する一般的な資金調達方法

不動産担保ローン

「不動産担保ローン」とは、ご自宅等の不動産を担保に、一括で融資を受け毎月元本と利息を支払う資金調達方法です。
所有権が移転しない代わりに、元本と利息の支払いが毎月発生します。

不動産担保ローンの
詳細はこちら

任意売却

「任意売却」とは、不動産を売却しても債務が残ってしまう状況において、債務者(お金を借りた側)と債権者(お金を貸した側)の間に専門家が入って調整を行い、不動産を競売にかけずに納得のいく価格で売却し取引を成立させることです。
通常は残ってしまう債務の返済を、売却と同時にしなければならず、不足分を手持ちから出さないと売ることができませんが、「任意売却」であれば分割返済が可能になる場合があります。

リースバックのよくある質問

  • Q リースバックとは何ですか?

    A

    リースバックとはご自宅を売却して現金化、売却後も住み続けることができるサービスです。
    住み慣れた自宅で生活しながら、まとまった資金を調達することが可能です。

  • Q リースバックのメリットと
    デメリットは何ですか?

    A

    弊社のリースバックのメリットはこちらです。
    1.買取代金は一括してお支払い
    2.売却しても、退去せずそのまま住み続けることが可能
    3.固定資産税などの維持費が不要
    4.引越し費用などは一切不要
    5.将来的に再度購入することも可能
    6.家賃は低額!初期費用もほぼかかりません
    7.お手続きはかんたん
    8.家財保険の自己負担が0円
    9.ご契約者様限定サービス付き

    また一般的なリースバックのデメリットは自宅の名義が変わることと家賃が発生することの2点です。

  • Q リースバックとリバースモーゲージの違いは何ですか?

    A

    「リースバック」は自宅を売却して現金化、売却後も住み続けることができるサービスです。
    「リバースモーゲージ」は、自宅を担保にお金を借りるローンです。一般的に、契約者の死亡後に自宅を売却してその代金から残債を一括返済する仕組みです。
    一方「リースバック」はご自宅を売却して現金化、売却後も住み続けることができるサービスです。リバースモーゲージのような相続人の承認は必要なく、年齢制限や収入制限もありません。

  • Q 住宅ローンが残っていてもリースバックできますか?

    A

    ローンの残債や物件評価額によって異なりますが、お取り扱い実績は多数ございます。まずはご相談ください。

  • Q 相談や査定にはお金がかかりますか?

    A

    相談・簡易査定をはじめ現地調査も無料です。買取額、家賃を最短即日でお見積りいたしますので、お気軽にご相談ください。

  • Q 家賃(賃料)はどれくらいになりますか?

    A

    物件の状態や地域の家賃(賃料)相場、お客さまのお支払い可能額などをもとに決定いたします。査定後にご提示いたします。

  • Q いつまで住むことができますか?

    A

    当社のリースバックは原則普通賃貸借契約となります。
    3年更新で、賃借人様がご希望される限りずっとお住まいいただけます。
    なお、更新手数料はかかりません。

  • Q 年齢制限はありますか?

    A

    特に制限を設けておりません。お気軽にご相談ください。

  • Q 取扱いエリアはどこですか?

    A

    全国となります。一部対応できない地域もございます。詳しくはご相談ください。

よくある質問
一覧はこちら

まずは無料査定

目次

無料査定承ります

ご家族でご検討ください

今すぐお問合せ

ご家族でご検討ください

資料請求

かんたん1分

LINE査定