融資事例

借り換えで月払い額が減り、金利が下がったケース

ご職業:建設業(法人)
担保不動産:事務所+駐車場
担保借入先:地元の金融機関からお借入れ

■お客様のお困りごと■
追加融資が受けられず、資金繰りが厳しい。


・不動産を担保に事業資金を借りていたが、コロナの影響で売り上げが減少。会社の資金繰りが厳しくなり、支払いが遅れることがあった。
・追加で仕入れ資金が必要となったため、金融期間に相談したが、支払いが遅れたことを理由に追加融資を断わられてしまった。

■当社のご提案内容と融資後の状況■
先順位を金利と月返済額を下げて長期で組み換え。キャッシュフローが改善。


・当初二番抵当での融資を希望されていたが、先順位の債務も金利と月返済額を下げて借り換えることを提案。
・現在のキャッシュフローで返済可能な月返済額をベースにした「長期融資」であれば、追加融資をしても将来的に事業の安定化を図ることができると判断。

 
ネット申込みはこちら・メールでのご相談はこちら ネット申込みはこちら・メールでのご相談はこちら