お金に関するお役立ち情報

事業資金

ファクタリング会社の乗り換えはできる?

手数料をはじめとする各種条件への不満を理由に、ファクタリング会社の乗り換えを検討する方もいらっしゃいます。今回はファクタリング会社の乗り換えにおけるメリットや注意点などについて解説します。

目次
  1. ファクタリングとは?
  2. ファクタリング会社乗り換えのメリット
  3. ファクタリング会社の乗り換え時の注意
  4. 他社でお悩みならセゾンファンデックスの今スグまとめ払い
  5. おわりに

ファクタリングとは?

ファクタリング会社を乗り換える前に、ファクタリングとは何かを改めて確認しておきましょう。ファクタリングについての理解が浅いままでは、満足のいく乗り換えができない可能性があるからです。

ファクタリングとは、企業をはじめとする事業主間で生じる売掛金など、未回収の債権を現金化する仕組みです。通常、債権は支払期日にならなければ支払いを受けることができませんが、ファクタリングを利用することで支払日よりも前に支払いを受けることができます。

ファクタリングは大きく分けて「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」とがあります。
〇2社間ファクタリング
「2社間ファクタリング」とは、事業主Aがファクタリング会社から先に債権の代金を受け取り、後日事業主Aが取引先Bから支払いを受けたときにその全額をファクタリング会社に支払うというものです。
ファクタリング会社と取引先には関係が生じないため「2社間ファクタリング」と呼ばれます。

〇3社間ファクタリング
「3社間ファクタリング」とは、ファクタリングを利用したい事業主Aが取引先Bへの債権をファクタリング会社に本来の債権額より低い価格にて有償で譲り渡し、ファクタリング会社は事業主Aより譲り受けた債権を基に、直接債務者たる取引先Bへ支払いを請求して支払いを受けるというものになります。
事業主Aと取引先Bとファクタリング会社、3社それぞれにやりとりが生じるため「3社間ファクタリング」と呼ばれます。

ファクタリングは便利なサービスですが、利用する際は慎重になるべきです。
近年はファクタリングと偽って実質的にはお金の貸し付けとなる行為、債権の買取代金が債権額に比べて著しく低くなるような料金体系としている、買い取った債権の取り立てを違法な方法で行うなど悪徳なファクタリング会社が増えており金融庁が注意を呼び掛けています。

ファクタリング会社乗り換えのメリット

ファクタリング会社は乗り換えることが可能です。契約は自由であり、一度利用したからと今後も継続して同じファクタリング会社の利用を強制されることはありません。ファクタリング会社の乗り換えは、正しい知識を持って行うことでさまざまなメリットを得ることができます。

ファクタリング会社の乗り換えによって得られる、主なメリットを3つ紹介します。
(1)手数料を抑えられる
ファクタリング会社が請求する手数料は一律ではなくファクタリング会社によって異なっています。そのため、手数料が安いファクタリング会社に乗り換えることで手元に残るお金を増やすことができます。

例えば、手数料が10%のファクタリング会社から手数料が3%のファクタリング会社に乗り換えることで7%手数料を安くすることができたとします。7%というと一見大したことない数字と思うかもしれませんが、100万円単位や1,000万円単位の債権でファクタリングを利用したり、何年もファクタリングを利用していたりする場合はわずか7%の違いでもその差は大きなものになっていきます。

1,000万円の7%は30万円です。ファクタリング会社を変えて70万円手元に残るお金が増えるということは、利益が70万円増えたと言ってもいいでしょう。
こう考えると手数料の安さの重要性が理解できます。

(2)買取限度額の増額
ファクタリング会社によっては買取限度額が定められていることがあります。特に小規模なファクタリング会社は、金額の小さい債権を対象としていることも多く、買取限度額が1,000万円などと定められていることがあります。
一方で、大手ファクタリング会社は買取限度額が高かったり、複数の売掛債権をまとめて買い取ったりするため、金額が大きい場合でも利用がしやすくなります。

(3)手続きの手間の削減
ファクタリング会社に依頼する際の手続きはファクタリング会社によって異なります。手続きが簡潔かつ整備されているファクタリング会社に乗り換えることで、手続きの手間を削減し、本来自身が行うべき業務などに尽力することができます。

ファクタリング会社選びに失敗すると手続きが煩雑となり、不備も増え、何度も似たような手続きをさせられるということもあります。

ファクタリング会社の乗り換え時の注意

ファクタリング会社の乗り換えは十分に注意して行う必要があります。安易に乗り換えると、思わぬトラブルに遭遇して後悔することにもなりかねません。

(1)債権の二重譲渡
債権の二重譲渡とは、一つの債権を二人以上の相手に譲渡することです。

例えば、とある売掛金をファクタリング会社Aとファクタリング会社Bの2社に売却するような行為が二重譲渡に該当します。債権は物として目に見えるものではないため、ファクタリング会社を乗り換える際は二重売買にならないように、以前のファクタリング会社に売り渡した債権の存在についてもしっかりと忘れないように管理しておく必要があります。
二重譲渡が発覚すると、そのファクタリング会社とは今後取引ができなくなる可能性があるばかりか、刑事罰の対象となることもあります。

(2)企業としての信頼性
乗り換え先となるファクタリング会社を選ぶ際は、企業として信頼できる会社を選ぶべきです。ファクタリングはお金と債権という企業において重要な資産のやりとりを行う会社であるため、信頼できない、怪しいと感じる企業を相手にして取引を行うべきではありません。

信頼できるファクタリング会社は、手数料について契約前の早い段階で分かりやすく明示してくれます。また、こちらからファクタリングの利用におけるメリットやデメリットなどの疑問を投げかけると、親身になって説明してくれます。

逆に手数料の算出方法が分かりづらい、質問をしても歯切れの悪い回答しか返ってこないという場合は注意するべきです。

(3)ファクタリング会社の乗り換え失敗で起こるトラブル

ファクタリング会社の乗り換えに失敗した際に起こるトラブルとして、よくあるものは執拗に連絡が来る、乗り換え先のファクタリング会社が違法な企業であったというようなものがあります。

例えば、2社間ファクタリングにおいて当初の支払日よりも前に「早く自社へ支払いをしてほしい」と送金の催促をされたり「取引先からの入金はまだですか」と執拗に連絡を受け通常業務に影響を受けたり、不快な思いをするなどがあります。

それ以外にも、高額な手数料や説明になかった支払いを要求する、悪質な取り立てを行うなどファクタリング会社の乗り換えに失敗すると大きなトラブルが起こることがあります。ファクタリング会社の乗り換えは慎重に考える必要があります。

他社でお悩みならセゾンファンデックスの今スグまとめ払い

ファクタリング会社の乗り換えを検討しているのであればセゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」をおすすめいたします。

買取手数料が1%から6%と低水準ながら、原則全ての売掛債権が買い取りの対象となるうえ、請求データを送るだけで簡単に支払いを受けられます。
また、ファクタリング業界は現段階では許認可や免許が不要な業種であるものの、今スグまとめ払いはクレディセゾングループであるセゾンファンデックスが提供し、信頼性も高く安心してご利用いただけます。
セゾンファンデックス|今スグまとめ払い|ファクタリング|売掛金をまとめて現金化|請求業務の効率化|詳しくはこちら

おわりに

ファクタリング会社の乗り換えは自由に行うことができます。ファクタリング会社は乗り換えることで手数料を低く抑えられたり、手間を減らして現在ファクタリング会社に抱く不満を解消することができます。

しかし、ファクタリング会社の乗り換え先を間違えてしまうと何らかのトラブルが引き起こされる原因にもなりかねないため、乗り換え先は慎重に判断するべきです。

もし、ファクタリング会社の乗り換えについて考えているのであれば、セゾンファンデックスの「今スグまとめ払い」をおすすめいたします。安心のクレディセゾングループが提供するサービスで買取手数料も低水準、手続きも簡単で満足のいく乗り換えが実現できるはずです。
おすすめ
シニアの方

シニアの方

事業者の方

事業者の方

キーワード