お金に関するお役立ち情報

資産整理

実家の処分はどうする?親が元気なうちの対策をおすすめする理由

実家から離れて家庭を持つ人が増える中、将来実家をどのように処分するか、早めに計画を立てておく必要があります。ここから、その具体的なポイントを紹介しましょう。

目次
  1. 将来的な実家を処分する方法とは?
  2. 空き家の問題点
  3. セゾンのリースバックを活用

将来的な実家を処分する方法とは?

たとえば実家を所有している両親が共に亡くなった場合、空き家にして放置しておくことは可能な限り避けたい選択肢です。そこで、できれば両親が存命のうちに、実家の処分について家族で話し合っておくことをおすすめします。

では、実家を処分するにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは、考えられる三つの方法と、それぞれのメリット・デメリットについて検証してみましょう。
(1)相続
実家をそのまま存続させる場合には、相続することが最も一般的です。相続後に家族が住むケースでも、または賃貸にして他人に貸すケースでも、経済的なメリットは大きいでしょう。ただし、遺産相続にはさまざまな手間がかかることを覚悟しなければなりません。

遺言書がある場合は、原則それに従って財産の承継者等も決まります。遺言書がない場合には、法定相続人全員による遺産分割協議を行い、法に則り具体的相続分を決定します。また、実家の価値が高額になる時には、相続税に関する対策も考える必要があるでしょう。

(2)売却:生前・死後
相続する家族にとって実家が不要であれば、売却を考えることになります。売却が両親の生前か死後かで状況は変わりますが、売却によるメリットはまとまった額のお金が入ることです。そのお金は両親の生活費となり、いずれは家族が相続する資産にもなります。
ただし、生前に売却する場合には、住み替えや家財整理などが必要となり、以下のデメリットが考えられます
・賃貸住居が借りづらい場合がある
高齢者が賃貸住宅を借りる際は、高齢による事故や孤独死、収入面などの理由から借りにくくなる場合があります。

・環境変化のストレス
一般的に、年齢を重ねると人間関係は広がりづらく固定化される傾向があります。
引越しで住み慣れた家やご近所の友人などから離れることで、他者との交流が希薄になり孤独感を感じてしまう方も多くいらっしゃることでしょう。

・家財整理の手間
家の売却時には、当然、家の中に荷物をひとつも残していけません。
特に次の家が現在よりも狭くなる場合には思い切った整理が必要です。大型の家具家電、大量の荷物は高齢の方には大変な作業になる一方、業者に依頼するとかなりの費用になることが予想されます。

(3)賃貸に出す
実家を売却したくないという場合には、賃貸物件として貸し出すことも選択肢のひとつです。借り手が見つかれば、一定の家賃収入を得ることができます。
ただし、自ら管理に手間がかかることがデメリットとなります。管理会社に委託をすることもできますが、費用がかかることに注意が必要です。

ここで紹介した実家の処分方法には、それぞれに一長一短あります。また現代のようなライフスタイルでは、離れている家族どうしで意見の食い違いが生じる恐れもあります。ただし、処分方法を決めないままにしておくと、いざという時に別な問題が発生するかもしれません。

空き家の問題点

もしも両親が亡くなってしまい、実家に住む人がいないまま放置すれば、そのまま空き家になってしまいます。現在空き家問題が深刻化しており、国でも「空き家対策特別措置法」を設けて、空き家の解消を積極的に促しています。では、空き家のままにしておくことには、どのような問題があるのでしょうか。

(1)物理的な問題:放火リスク、倒壊リスク、損害リスク
住む人がいなくなると、家は急速に劣化します。建物そのものの強度が低下し、雑草や枯れ木に覆われるようになり、徐々に外装部分から崩れ始めることもあるのです。この状態で放置しておくと倒壊のリスクが高まり、他人に損害を与える危険性もあるでしょう。

また、空き家は放火犯に狙われやすく、一度出火してしまうと燃えやすい物が多いため、周辺にも延焼するリスクが高いのです。その場合、多額の損害賠償の対象になるリスクがあります。

(2)経済的な問題:維持費の支払い、資産の減少、固定資産税の負担増
空き家になった時点で住居の資産価値は減少して、その反面維持費の支払いは年々増加します。さらに空家等対策特別措置法により「特定空家等」の対象になると、固定資産税が最大6倍にまで引き上げられてしまいます。

(3)社会的な問題:不法侵入、不法投棄
空き家では当然管理者がいないため、不法侵入を許して犯罪を助長してしまったり、不法投棄のターゲットになったりする危険性もあります。不法投棄が増えると、その撤去作業と防止対策に費用が発生します。

このように空き家の状態が続いてしまうと、さまざまなリスクが高まるばかりでなく、所有者にとっては金銭的な負担も増加します。建物部分を撤去するにしても、ちょっとしたリフォーム程度の費用がかかります。実家の処分については、まだ空き家になる前に手を打っておくべきなのです。

セゾンのリースバックを活用

まだ両親が健康なうちに実家の処分を考えるなら、多くのメリットがある「リースバック」という方法があります。リースバックを利用すれば、将来のために必要な資金が手に入るだけでなく、相続に関する問題も解消できます。

リースバックとは
リースバックとは、ご自宅を売却して現金化、売却後も住み続けることができるサービスです。
住み慣れた自宅で生活しながら、まとまった資金を調達することが可能です。セゾンのリースバックでは、お客様の大切なご自宅をセゾンファンデックスが買い取り、お客様は賃貸として退去せず住み続けていただけます。
セゾンファンデックスが買主となり、直接お客様のご自宅(不動産)を購入いたします。

生前にリースバックするメリット
・まとまった資金が受け取れ、老後も安心
リースバックではご自宅を売却することで、その代金を一括して受け取れます。その資金のお使いみちは自由であるため、老後資金として活用したり住宅ローンや金融機関からの借入れの完済などさまざまなシーンに利用することができます。

・売却後も住み続けられるので、生活環境が変わらない
長年住み続けた自宅には愛着があり、できれば離れたくないという思いは誰でも同じです。リースバックならご自宅を売却しても、それまでと変わらず住み続けられるので、転居先を探す手間もありません。また賃料や初期費用も、一般的な相場と比べて低めに設定されています。

・セコムやALSOKなどのみまもりサービスが無料で利用できる
セゾンファンデックスのリースバックでは、ご契約者限定のサービスを受けることも可能です。たとえばセコムやALSOKなどの警備システムによるみまもりサービスが無料で利用できるほか、電気設備や水回りなどのトラブル対応サービスも受けられます。

・亡くなった後の実家に関する相続問題が発生しない
リースバックではセゾンファンデックスが所有者になっているため、実家は相続財産にはなりません。家族の負担を減らすことができ、相続に関するトラブルを回避することもできます。

このようにリースバックは、現代の家族関係を前提にしたサービスになっており、利用することでさまざまなメリットが生まれるのです。まだ両親が健康でいるうちに、選択肢の一つとして、一度家族で検討してみることをおすすめします。
セゾンファンデックス|セゾンのリースバック|住みながら自宅を売却|住宅ローンの返済に|柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。|詳しくはこちら
おすすめ
シニアの方

シニアの方

事業者の方

事業者の方

キーワード